Wish Socks 6

 Uncategorized  Comments Off
Nov 142016
 
 Posted by at 05:44
Nov 142015
 

Laser diodes with different wavelength:  405nm, 450nm, 520nm, 635nm, 638nm, 780nm, 808nm, 980nm, 1064nm. And the wavelengths make the laser diodes to different colors : violet laser diodes, red laser diodes, pink laser diodes, green laser diodes, infrared laser diodes.

Output power from 1mW to 2000mW. You can find all laser diodes by wavelengths here.

The brands for laser diodes are Nichia, Sanyo, Sony, Panasonic,

Most of the laser diodes you can easily find them online, however for some new laser diodes, such as 1550nm c-mount laser diode,  Nichia NDV4B16 405nm LD, these LDs are new developed,  they’re not easy to find.

The laser diode has a datasheet like this:

 

Most of the laser diodes are package as following:

 Posted by at 01:13
Sep 042014
 

Твердотельный лазер — это лазер, в котором активной средой являются активированные диэлектрические кристаллы и стёкла или диэлектрические кристаллы с собственными точечными дефектами. В качестве активаторов кристаллов и стёкол обычно служат ионы редкоземельных элементов или ионы группы железа. Собственные точечные дефекты в кристаллах возникают под воздействием ионизирующего излучения или путём аддитивного окрашивания. Энергетические уровни активаторов или собственных дефектов используются для создания инверсной населённости. Широко используются лазеры на кристалле рубина — оксида алюминия (Al2O3), в котором около 0,05% атомов алюминия замещены ионами хрома Cr3+, на алюмо-иттриевом гранате (Y3Al5O12), на стеклах с примесью ионов неодима (Nd3+), тербия (Tb3+), иттербия (Yb3+) и др. Вынужденное излучение различных частот дают более 250 кристаллов и около 20 стекол.
Диапазон длин волн генерации твердотельных лазеров простирается от УФ- до средней ИК-области. Твердотельные лазеры работают в импульсном, непрерывном и квазинепрерывном режимах.

Генерация твердотельных лазеров осуществляется по трёх- или четырёхуровневой схеме. Активный элемент этих лазеров обычно имеют форму кругового цилиндра или стержня прямоугольного сечения. Иногда применяют и активный элемент более сложных конфигураций. Наибольшее распространение получила конструкция твердотельных лазеров, в которой цилиндрический активный элемент вместе с газоразрядной лампой накачки помещаются в камеру-осветитель, концентрирующую излучение лампы накачки в активный элемент. Из-за многократности отражения излучения накачки от внутренней поверхности камеры-осветителя достигается более полное его поглощение в активный элемент. Применяют осветители, в которых одна лампа накачки работает на нескольких активных элементах или, напротив, один активный элемент накачивается несколькими или большим числом ламп.
Диапазон длин волн генерации твердотельных лазеров простирается от УФ- до средней ИК-области. Твердотельные лазеры работают в импульсном, непрерывном и квазинепрерывном режимах. У существующих твердотельных лазеров мощность генерации в непрерывном режиме может достигать 1-3 кВт при удельном энергосъёме ~ 10 Вт с 1 см3 активной среды при КПД ~3%. Средняя мощность 103 Вт при частоте повторения импульсов до 100 Гц реализуется в твердотельных лазерах импульсно-периодического действия в режиме свободной генерации при длительности импульса 10-3 10-4с.
Твердотельные лазеры занимают уникальное место в развитии лазеров. Это простые в обслуживании устройства, способные генерировать энергию высокой мощности.
Для накачки твердотельных лазером могут использоваться светодиоды, лампы, другие лазеры.

Sep 022014
 

Акустооптический модулятор (АОМ)— устройство для изменения интенсивности пропускаемого света, вследствие его дифракции на решётке, образуемой в стекле в результате пространственной модуляции показателя преломления акустической волной .

Принцип действия
Принцип действия АОМ основан на дифракции света на бегущей ультразвуковой волне в оптически прозрачном материале. Бегущую ультразвуковую волну создает пьезоэлектрический преобразователь , присоединённый к стеклянной пластине. Благодаря появлению участков сжатия и растяжения, возникающих в стекле и различающихся показателем преломления, в среде формируется дифракционная решётка. Световой пучок, дифрагируя на решётке, образует несколько выходных пучков (дифракционных порядков), разнесённых в пространстве под равными углами относительно друг друга. При помощи апертуры из всех выходных лучей выделяется первый максимум, который существует только при наличии звуковой волны в модуляторе, и блокируются все остальные .

DPSS лазер

 Uncategorized  Comments Off
Aug 262014
 

Твердотельные малошумящие лазеры 532 нм обладают компактностью, долгим сроком службы, низкой ценой и простотой в использовании, применяются в цитометрии, спектральном анализе, интерференции, различных измерениях, голографии, лазерных изображающих системах, контроле микросхем, научных исследованиях и т.д.

 

DPSS лазер

 Posted by at 05:33
Jul 112013
 

レーザは、活性レーザ媒質、又は利得媒質と、共振型光キャビティから構成されている。利得媒質は、レーザ光を外部エネルギーを伝達する。これは、光電効果を調査しながらアインシュタインによって発見誘導放出の量子力学的プロセスによって光を増幅制御された純度、大きさ、および形状の材料である。利得媒質が通電、または外部エネルギー源によって、ポンピングされる。ポンプ源の例には、電気と光を含むフラッシュランプまたは別のレーザから例えば。ポンプエネルギーは、高エネルギー(”励起”)量子状態へのその粒子の一部を置くレーザ媒質によって吸収される。 1励起状態の粒子の数は、いくつかの低エネルギー状態にある粒子の数を超えると、反転分布が達成される。この状態で、媒体を通過した光ビームは、刺激された吸収以上の誘導放出を生じるため、光が増幅される。励起レーザー媒質は、光増幅器として機能することができる。

誘導放出によって生成される光は、波長、位相、偏光の点で、入力信号に非常に類似している。これにより、レーザ光にその特徴的な一貫性を与え、それが光共振器の設計によって確立された均一な偏光と単色性を維持することができます。

 Posted by at 09:52

光増幅

 Uncategorized  Comments Off
Jul 112013
 

励起誘導放射による光増幅

レーザー(励起誘導放射による光増幅のための頭字語)は、コヒーレントビームの光子を放出する光源である。長期以来、プロセス内の大文字を失う、標準の単語、レーザーとして英語に入っている。裏面に形成されたレーザー光をあてる動詞 “は、レーザ光を生成する”または “にレーザ光を照射すること”を意味する。
光学レーザーとのアナロジーでは、コヒーレント状態の任意の粒子や電磁放射を生成するデバイスは、また、通常プレフィックス(たとえば、原子レーザー。)ほとんどの場合、 “レーザーのような粒子の種類の表示で、”レーザー “と呼ばれています”コヒーレント光子、すなわち光または他の電磁放射源を指す。
レーザ光は、単一波長または色からなる、すなわち典型的に近い単色であり、狭ビームで放射。通常、広い波長スペクトルにわたって、ほぼすべての方向にインコヒーレント光子を放出するような白熱電球などの一般的な光源とは対照的である。
レーザーアクションは量子力学と熱力学の理論によって説明される。多くの物質は、レーザーパワーするのに必要なレーザ利得媒質を形成するために要求される特性を有することが見出されており、これらは様々な用途に適した特性の異なるレーザの多くの種類の発明に至った。
レーザーは1950年代後半にメーザー原理のバリエーションとして提案された、最初のレーザーは1960年に実証された。その時以来、レーザー製造は数十億ドル規模の産業となっている、レーザー、科学、防衛産業、産業、医療、家電などの分野でアプリケーションを発見した。
(可能性が高いアルゴン)レーザーを用いた実験。 (米軍)フィクションにおけるレーザーについては、またRaygunはを参照してください。…

 Posted by at 09:51
Jul 112013
 

アライメント:レーザーアライメントは、レーザハウジングの機械軸に対するレーザ光の光軸のずれの尺度である。一部のレーザーダイオードモジュールは、正確な位置決めアプリケーションのための調節可能な位置合わせを備えています。

コヒーレンス:光波の波長とその振動サイクルでその波の位置と整列。いくつかの光の波の山と谷が整列しているとき、彼らはコヒーレントである。

連続波:レーザから出射された光が安定し、連続ビームである。

発散:距離で拡散レーザービームの角度測定。レーザーの投影点が遠く、それが予測されているサイズが大きくなります。レーザー発散ミリラジアン(mrad以下)で測定されます。

ダイオード:一方向にのみ電流を行う電子装置。

ダイオードレーザー:半導体ダイオードに電流を注入介してコヒーレント光を出射するレーザ。

ファン角:ライン生成レーザーの角度の広がりの尺度。ファン角度が一定の距離で生産ラインの長さを決定します。カルパックライン生成レーザーは、90°の扇角を持っている。 90°ファン角度(例えば5フィートから投射10フィートの長い線)の投影距離を2倍される行の長さが生成されます。

レーザー:レーザー励起誘導放射による光増幅のための頭字語です。これは、電子のエネルギー準位を刺激することによる光の強い、単色、コヒーレントビームを生成する装置である。

レーザークラス:レーザーの安全性を規制するために、デバイス&放射線保健(CDRH)のためのセンターは、波長と出力電力に基づいて、異なるカテゴリにレーザーを分類します。

クラスII:1.0 mWの未満可視レーザー光。
クラスIIIaの:最高5.0 mWで、1.0 mWのから可視光レーザ光。

レーザダイオードモジュール:すべての回路、レーザダイオード、および保護ハウジング内にパッケージ化された光学素子を含む完全なレーザーアセンブリ。動作に必要なのは、適切な外部電源である。

ミリアン​​ペア(mA)を:アンペアの1千分のに等しい電流の単位。

ミリラジアン(mrad以下):ラジアン(1ラジアン= 57.295度)の千分の一に等しい角度の測定単位。

ミリワット(mW)と:ワット1000分の1に相当する電力の単位。

メートル(nm):10億分の1メートルに相当する長さの単位。

動作電圧:レーザを動作させるために必要な、指定された入力電圧範囲。レーザの動作電圧はボルト(V)で測定される。

動作電流:レーザーを動作させるために必要な指定された電流の範囲を。レーザの動作電流はmA(ミリアンペア)で測定される。

出力電力:レーザーから発せられた秒当たりのエネルギー。レーザー出力は、連続波レーザ動作のためにワット(W)ま​​たはミリワッ​​ト(mW)とで測定される。

半導体:電気の流れを制御することができるような物質。

可視光:人間の目に見える電磁放射。可視光スペクトルは400〜700nmの間の波長の範囲を包含する。緑色のライトは520まで565NMのスペクトル範囲である。赤い光は625から700nmのまでです。

ボルト(V):起電力又は電位差の基本単位。

波長:振動の一周期の間に電磁波のピーク·トゥ·ピークから測定された移動距離。光の波長は、ナノメートル(nm)で測定される。典型的な赤色レーザーの波長は(明るい)650nmの(明るい)または635nmのいずれかになります。緑色レーザーの典型的な波長は、532nmの(明るい)です。

 Posted by at 09:50
Jul 112013
 

レーザー445 nmのは、2011年に新技術レーザーです。レーザー445 nmのダイオード(レーザー445 nmのLD)のほとんどは、日本からです。レーザー445 nmの青、そしてまた紫です。レーザー445 nmのは、従来の473nmの青色レーザー、および405nmのバイオレットレーザーとは異なります。レーザー445 nmのは、レーザー波長405nmよりも”青”、およびレーザー473 nmより多くの”スミレ”です。

wickedlasersはほとんどのレーザーの445 nmのを販売し、彼らはS3北極シリーズでそれらを販売しています。彼らはレーザー445 nmのは、世界で最も強力なハンドヘルドレーザであると言う。しかし、それは真実ではない。市場で2Wレーザー445 nmのがあります。と1W緑レーザーと赤外線レーザーもあります。それらのすべてがS3北極レーザー445 nmのより強力です。

レーザー445 nmのダイオードやレーザー445 nmのモジュールは、オンラインストア上で非常に一般的です。あなたが良いレーザーの445 nmのをしたい場合は445 nmのダイオードについては、安価なレーザー445 nmのダイオードのほとんどはDVDプレーヤーから使用され、来ているように、安いものを購入していない。

レーザーの445nmは、強力でお肌や目に有害です。レーザー445 nmのを保護するには、532nmの緑色レーザーゴーグルに同じである、レーザー445 nmのゴーグルを単に必要とする。

 Posted by at 09:49
Jul 112013
 

彼らは、レーザーの多くのタイプです。主にダイオードレーザ、固体レーザ、CO 2レーザ、ファイバレーザである。 CO2レーザーマーキングレーザー切断、刻むために使用されている間、レーザポインタのほとんどは、ダイオードレーザである。ファイバレーザは、非常に高い出力することができる。ここDPSSレーザ、固体レーザである。

レーザーのしくみの概要
レーザーは製品や技術の驚くべき範囲内に表示されます。あなたには、CDプレーヤーからの測定システムに切断機、高速金属歯科ドリルに至るまで、それらを見つけるでしょう。彼らはすべてのレーザーを使用しています。しかし、レーザーは何ですか?そして、何は、懐中電灯のビームとは異なるレーザビームを作る?

レーザ光は通常の光と非常に異なっている。レーザー光は、次のプロパティがあります

放出される光は単色です。それは、光のある特定の波長(一つの特定の色)が含まれています。光の波長は、電子がより低い軌道に低下したときに放出されるエネルギーの量によって決定される。
放出される光は、コヒーレントである。それは “組織化”されて – 他者とのステップで各光子移動。これは、光子の全てが一斉に発射その波面を有することを意味する。
光は非常に指向です。レーザ光は、非常に厳しいビームを有し、非常に強く、集中している。懐中電灯は、一方では、多くの方向に光を放出すると、光は非常に弱く、拡散している。
これらの3つのプロパティが発生するためには誘導放出と呼ばれるものになります。これはあなたの普通の懐中電灯では発生しません – 懐中電灯で、原子のすべてがランダムにそれらの光子を放出する。誘導放出では、光子放出が編成されています。

いずれの原子のリリースでは、励起状態と基底状態とのエネルギー差に依存する特定の波長を有すること光子。この光子は(特定のエネルギーと位相を持つ)、同じ励起状態の電子を持っている他の原子に遭遇した場合は、誘導放出が発生する可能性があります。最初の光子は、その後の放出光子(第2原子から)入ってくる光子と同じ周波数と方向で振動するような原子発光を刺激または誘導することができる。

レーザの他の主要は、ミラー、レージング媒体の各端部に1つのペアです。光子は、非常に特定の波長と位相で、レージング媒体を介して前後に移動するためにミラーをオフに反映しています。プロセスでは、それらは下方にエネルギーをジャンプさせるために、他の電子を刺激し、同じ波長および位相のより多くの光子の放出を引き起こすことができる。カスケード効果が発生し、すぐに我々は、同じ波長と位相の多くは、多くの光子を伝播している。レーザの一端のミラーは、いくつかの光を反射し、いくつかの光を通過することができ意味する “、ハーフ”である。それを通してレーザー光で行う光。

あなたは、単純なルビーレーザーがどのように機能するかを説明している、次のページの図に、これらのコンポーネントのすべてを見ることができます。

 Posted by at 09:49
Jul 092013
 

 

波長(nm):532
出力(mW):>1000年
入力電圧(V):AC 90〜260
動作モード:CW
冷却モード:TEC&エア
横モード:TEM00
絞りでのビーム径(mm):〜2.5
発散、フル角度(mrad以下):≤2.0
パワー安定性(RMS/ 4時間):<5%
動作温度(℃):10〜35
変調モード:(TTL /アナログ)オプション(最高30kHz)
レーザヘッド寸法(L x W x H、mm)の:150×75×50
電源モデル:FDA-100B/ OEM-100B
期待寿命(時間):10000

連続波操作:連続発光を有するレーザの動作モード。レーザの連続波(CW)動作は、レーザを連続的に励起し、連続的に発光することを意味する。排出量は、単一の共振器モード(単一周波数動作)または複数のモードで発生することがあります。

レーザ光の横モードは、ビームの伝播方向に垂直な平面で測定された放射線の特定の電磁界パターンである。横モードがあります:TEM00をTEM00近く

 Posted by at 05:03
Jul 052013
 

波長(nm)1064+ /-1nmの

出力電力(mW)と>1000MWの
クリスタルタイプのNd:YVO4
横モードTEM00
動作モードCW
パワー安定性(RMS、4時間以上)<5%
ウォームアップ時間(分)<10
M2ファクター<1.5
ビーム広がり、完全な角度(mrad以下)<1.5
2.0〜開口(mm)のでのビーム径はおおよそ
ベース板からのビーム高さ(mm)24.8
偏光比は、>100:1
ウォームアップ(mrad以下)<0.05後の安定性を指す
動作温度(℃)10〜35
電源(90-264VAC)PSU-III-FDA

Jul 052013
 

ソニーは、530nmのバンド発振波長と連続発振で100mWの以上の光出力を持っている緑色のレーザーダイオードを試作。

オスラムオプトセミコンダクターは、27%の効率でTO-56パッケージで1.4W450nmの青色レーザーダイオードをリリースしました。レーザは、ハイエンドプロジェクター用コンパクト、明るい光源ならびに医療および装飾的な照明用途に設計されている。

ハイパワーモノリシックスタックのCVNシリーズは、パルスレーザダイオードは、-40℃から+85まで、極端な環境条件で安定した動作を提供しています℃で905 nmでの典型的なピーク波長で、895から915程度で動作し、彼らは、375 Wのピーク電力を提供し、単独と積み重ね両方来る。ファイバ結合デバイスが動作しているW.188まで

 Posted by at 05:56
Sep 252012
 

レーザーは波長や出力などで『クラス分け』されているのを知っていますか?
レーザーとは代替の無い極めて有用なツールでもあるのですが、使用方法を誤ってしまうと危険な反面もあります。

レーザーポインターはかつて、悪用や誤用により様々な事故や事件を引き起こしてしまいました。
そこで経済産業省が『消費生活用製品安全法(略称:消安法)』の『特別特定製品』として管理しているのが現状です。
法律ではレーザーポインターと言う通称(!?)では無く、『携帯用レーザー応用装置』として登録がされています。

クラス1 合理的に予知可能な運転条件で安全である。
クラス2 400nm~700nmの波長範囲で可視放射を放出する。目の保護は、通常まばたき反射作用を含む嫌悪反応によってなされる。長時間(0.25秒以上)のビーム内観察状態は危険。
クラス3A 裸 眼での観察に対して安全である。400nm~700nmの波長範囲で放出するレーザーに対して、保護はまばたき反射作用を含む嫌悪反応によってなされる。 他の波長に対しては、裸眼に対する危険性はクラス1よりも大きくはない。光学的手段(顕微鏡等)による直接のビーム内観察状態(直接ビームまたは鏡面反射 光を観察する状態)は危険。
クラス3B “直接のビーム内観察状態は常に危険なものである。 拡散反射の観察は、通常安全である。”
クラス4 危険な拡散反射を生じる能力を持つ。それらは皮膚障害を起こし、また火災発生の危険がある。これらの使用には細心の注意が必要である。

 Posted by at 05:37
Sep 252012
 

レーザーとLEDは違うのに

レーザーポインターの認知度が世間的にまだまだ低いせいなのか、店頭のPOPやネットショップでの説明が混沌としています。
その中でも特に注意して欲しいのが、『LD』と『LED』の違いです。
LEDはレーザーではありません!

例えば良くある間違いで、「このレーザーポインターは緑色LEDを使用しているので赤色LEDと比べて8倍の見え易さ!」的な説明は間違っているのです。

そこでここでは、その両者について説明をしたいと思います。

1)LEDについて

『LED』とは 『Light Emitting Diode』の略で、『発光ダイオード』の事です。
極端に簡単に言うと、高性能な豆電球です。
今までの豆電球と比べると、寿命が数万時間と長く、消費電力が小さいのが特徴となります。
身の回りでは蛍光灯、ハロゲンランプ、白熱電球の代替えとして、今では身の回りの照明器具はLEDへと変遷しています。

2)LDについて

これがレーザーポインターのレーザー発光源、『LD』です!

『LD』とは『Laser Diode』の略で、いわゆる『半導体レーザー素子』で、これがレーザーを発振します。
価格も『LED』と比べて10~100倍程度とかなり高価になります。
『LED』と『LD』の決定的な差は、『一般的な光』と『レーザー光』の違いと同じです。
両者とも明るいと言う意味では同じ意味になるかもしれませんが、次の二つのポイントで全く異なる性質を持つのです。
違い1)光の拡がり
『LED』をレンズで絞ってもあまり集光出来ませんが、『LD』から出るレーザー光は回析限界まで極小のスポットに絞り込む事が可能です。
『LED』で平行光を作るのは困難ですが、レーザーポインターでわかる様に、レーザー光であれば遠方までほぼ同じビーム径を保つ事が可能となります。
違い2)光の色
『LED』の光の色は、中に含まれている様々な波長の足し算の合計です。
一方、『LD』からは決まった波長しか出て来ません。(レーザーの種類毎にある程度の波長幅があったり、幾つかの異なる波長のマルチ発振をするものはあります。)

足し算で出来ている光の色は何らかの方法で光を色毎に分ける『分光』が出来ますが、レーザー光は元々が決まった色の光しか含まれていないのでほとんど分ける事が出来ません。
レーザーポインターは法律上、『通電状態を確認できること』、即ち『通電表示機能』を備え付ける必要があるとされています。
そしてこの『通電表示機能』に『LED』を使われるのが一般的となっています。(通電している時はその通電表示としてLEDが点灯する機能)
これによって一般のレーザーポインターは『LED』が装備されている為、「LEDがレーザー光で・・・」みたいに情報が錯綜してしまっているのでは無いでしょうか。

機会があったらレーザーポインターを販売している店頭のPOPだとか、ネットショップの説明事項などを良く見てください。

もしかしたら、もっと面白い何かを発見出来るかもしれません。
(因みに、レーザーポインターのビームの到達距離の説明にも同じ混沌が存在している様です・・・。)

 Posted by at 05:35  Tagged with: ,
Aug 292012
 

Tayami

グリーンレーザーポインター
超高出力 緑色レーザー
レッドレーザーポインター
バイオレットレーザー
ブルーレーザーポインター
青 レーザーポインター
赤外線レーザーポインター
黄色レーザーポインター
レーザーモジュール
レーザーダイオード
レーザーサイト
LD 日亜 ソニー->
モジュール 激安->
出力 カテゴリ->
波長 カテゴリ->
DPSS レーザー
保護メガネ
光ファイバー レーザ

 Posted by at 11:04
Aug 222012
 

大型店舗対応ハイスペック業務用カラーレーザー。RGB(レッド1500mw、グリーン300mw、ブルー200mw)カラーレーザーです。高照度レーザーモジュールを使い、カラーバランスも充実し、基本の三原色も473nmのブルーを使うことにより、よりきれいな白色のレーザーを出せるようになりました。DMX、ILDA、コントロールにより細かなグラフィック演出が可能になります。

 

レーザー出力:650nm レッド 1500mw 532nmグリーン300mw 473nm ブルー 200mw
●レーザー:空冷DPSSレーザー
●レーザークラス:3b
●レーザー特性:3mm/1mrad
●スキャナーシステム:ファーストガルボシステム
●偏光角度:Max.40°
●スキャナースピード:Max. 50kpps
●DMXチャンネル:デジタルLCDディスプレイ24チャンネル
●コントロールモード:サウンドコントロール / オートランニング / DMX512 / ILDA PC コントロール
●冷却方式:ファン冷却
●標準パターン:128アニメーショングラフィックショーパターン
●エフェクト:ユニークブランキングエフェクト, ローテーション(パン),ズーム (+/-),ローリング, トランスレーション, ドットドローイング, ステップドローイング, 3D アニメーション, ストロボ,ディマー
●付属品:電源コード,説明書,キー
●本体寸法:W55cm x D34.5cm x H22cm
●電源:AC100V~250V,50~60HZ
●フライトケース込み重量:約20kg
●消費電力:250W
 Posted by at 03:25
Aug 202012
 

世界初※1、発振波長530nm帯で100mW以上の光出力を有する純緑色半導体レーザーを開発
~従来の窒化ガリウム系緑色レーザーに比べて、約2倍の高輝度※2を実現~

住友電気工業株式会社(以下「住友電工」)とソニー株式会社(以下「ソニー」)は、レーザープロジェクターなどの映像表示デバイスに応用できる、発振波長530nm帯で100mW以上の光出力を有する純緑色半導体レーザーの開発に世界で初めて※1成功しました。今回開発した純緑色半導体レーザーは、従来の窒化ガリウム系緑色レーザーと比べて、約2倍※2の高輝度を実現しました。高輝度化とNTSC比182%(CIE 1976)※3の広色域化を実現したことで、鮮やかで美しい映像を描き出すレーザープロジェクターなどの映像表示デバイスへの搭載が期待されます。

現在、光の三原色(赤・緑・青)の光源として、赤色と青色の半導体レーザーは量産化されていますが、今後はレーザープロジェクターなどの映像表示デバイスの高性能化に向けて、高出力の緑色半導体レーザーの開発が期待されています。現在、緑色については、赤外光を光学素子により波長変換したレーザーが主に用いられていますが、光源が大型かつ高価であるという課題がありました。また、従来の窒化ガリウム系材料を用いた緑色レーザーは、発振波長が520nm以下で光出力も数十mW以下に限定されているため、充分な輝度が確保できませんでした。

住友電工とソニーは、純緑色の半導体レーザーを実用化するために、住友電工がこれまで開発してきた半極性窒化ガリウム基板と結晶成長・加工技術、ソニーがブルーレイなどで培った窒化ガリウム系レーザー技術を生かして共同開発を進めてきました。両社で構造設計、結晶成長、加工、電極など半導体レーザーに関わる全てのプロセスに新規技術導入ならびに技術改良を加えた結果、発振波長530nm帯で100mW以上の光出力を有する純緑色半導体レーザーの開発に成功しました。今回開発した純緑色半導体レーザーは、光電変換効率8%以上を実現し、高信頼性を確保しています。

今回、高出力の純緑色半導体レーザーを開発したことで、光の三原色(赤・緑・青)レーザー光源が揃うことになり、高輝度と広色域を実現するレーザープロジェクターや小型・軽量・低消費電力を生かした携帯型レーザープロジェクターなど、幅広い用途への活用が期待されます。住友電工とソニーは、純緑色半導体レーザーのさらなる高出力化と高効率化、高品質化を目指し、引き続き開発を進めていきます。
※1:2012年6月21日広報発表時点
※2:窒化ガリウム系材料を用いた波長520nm以下で光出力60mW以下の半導体レーザーと比較した場合
※3:NTSC比は、今回開発した純緑色半導体レーザーと既存の赤色、青色半導体レーザーを組み合わせた場合

■主な開発内容
住友電工とソニーは、半極性窒化ガリウム基板を採用し、構造設計、結晶成長、加工、電極などの半導体レーザーに関わる全てのプロセスに新規技術導入ならびに技術改良を加えた結果、世界初※1の発振波長530nm帯で100mW以上の光出力を有する純緑色半導体レーザーの開発に成功しました。

高品質な発光層の結晶成長を実現
従来の窒化ガリウム結晶のc面に対して75度の傾きを有する半極性窒化ガリウム基板(半極性{2021}面)を用いることにより、530nm帯で必要となる高インジウム(In)組成の発光層を均一かつ安定的に作製することが可能となり、高品質な発光層の結晶成長を実現しました。

光電変換効率8%以上を実現
窒化ガリウム系材料は、結晶構造の歪みにより生じた圧電分極などによって発生する内部電界の影響で、緑色領域での発光効率が低下します。半極性窒化ガリウム基板の採用により内部電界の抑制が可能となりますが、実用化にはこの窒化ガリウム半極性結晶面に適した構造設計、結晶成長、加工、電極などが必要でした。本開発では、レーザー構造の最適化、結晶内の不純物制御、電極の低抵抗化などにより、レーザーの駆動電流、電圧の低減に成功し発振波長530nm帯で100mW以上の光出力、光電変換効率8%以上を実現しました。

※記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、(R)マークは明記していません。
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

 

 Posted by at 08:53

レーザーEXPO

 Uncategorized  Comments Off
Jul 132012
 

レーザー EXPOとは、レーザー技術のあらゆる可能性の発展に寄与すべく、社団法人レーザー学会 主催のもと、レーザーおよびレーザー関連製品取り扱い企業と ユーザーとのコミュニケーションの場として開催する技術展示会です。
同分野では国内で最大規模を誇り、特に来場登録者の質の高さ(より技術に即した商談・お打ち合わせが出来る来場登録者)に高い評価をいただき、2013年度開催で 20回目を迎えるに至ります。
レーザー技術をコアとする応用分野はレーザー加工(ナノ~マクロ)、光通信、バイオ、ナノテクをはじめあらゆる産業で重要な役割を担っており、また更なる活 躍に大きな期待が寄せられています。レーザービジネスの特徴として、ユーザーサイドに立った製品提供が求められるのが常です。その認識を最大限に踏まえ て、レーザービジネスの情報基地であり、商談の場としての「対話する展示会」を基本コンセプトとして、レーザー EXPOの果たす役割を飛躍的に高めてまいります。

来場者の質を高める技術特別セミナー

レーザー EXPOではレーザー技術がキーテクノロジーとなる分野を広く「併催:特別セミナー」で取り上げます。セミナー受講者は質の高いユーザーでもあり、これらの方々を含めて広範な分野から来場者が参加されます。
大学・研究機関向けにAcademyゾーンを設置

研究室発の優れた成果が民間企業に移管され実業分野での歩みを開始していることは既知です。いっそう迅速な実業化への端緒となるよう研究の「現在」を示す ゾーンとして、大学・公的機関からのAcademy出展ゾーンを設置しております。 レーザー EXPOは産学官連携の更なる飛躍に貢献いたします。

 

開催要項

■ 展示会名称: 『レーザー EXPO 2013』
併設:レーザー特別セミナー
■ 会 期: 2013年4月24日(水)~26日(金)
10:00~17:00
■ 会 場: パシフィコ横浜
■ 主 催: レーザー学会
〒565-0871 吹田市山田丘2-6
TEL:06-6878-3070
FAX:06-6878-3088
■ 後 援(予定): 日本貿易振興機構(ジェトロ)
在日ドイツ商工会議所
■ 協 賛(予定): 応用物理学会
精密工学会
日本分光学会
映像情報メディア学会
日本ロボット学会
電子情報通信学会
日本赤外線学会
日本オプトメカトロニクス協会
レーザー輸入振興協会
光産業技術振興協会
レーザー技術総合研究所
光防災センシング振興協会
自動化推進協会
日本光学測定機工業会
日本精密測定機器工業会
日本光学硝子工業会
大阪大学レーザーエネルギー学研究センター
OSA
SPIE
PHOTONICS MEDIA
PIDA
KOPHIA
■ 事務局: (株)オプトロニクス社
OPTICS & PHOTONICS International 協議会

 

 

 

 Posted by at 02:42