Jul 112013
 

アライメント:レーザーアライメントは、レーザハウジングの機械軸に対するレーザ光の光軸のずれの尺度である。一部のレーザーダイオードモジュールは、正確な位置決めアプリケーションのための調節可能な位置合わせを備えています。

コヒーレンス:光波の波長とその振動サイクルでその波の位置と整列。いくつかの光の波の山と谷が整列しているとき、彼らはコヒーレントである。

連続波:レーザから出射された光が安定し、連続ビームである。

発散:距離で拡散レーザービームの角度測定。レーザーの投影点が遠く、それが予測されているサイズが大きくなります。レーザー発散ミリラジアン(mrad以下)で測定されます。

ダイオード:一方向にのみ電流を行う電子装置。

ダイオードレーザー:半導体ダイオードに電流を注入介してコヒーレント光を出射するレーザ。

ファン角:ライン生成レーザーの角度の広がりの尺度。ファン角度が一定の距離で生産ラインの長さを決定します。カルパックライン生成レーザーは、90°の扇角を持っている。 90°ファン角度(例えば5フィートから投射10フィートの長い線)の投影距離を2倍される行の長さが生成されます。

レーザー:レーザー励起誘導放射による光増幅のための頭字語です。これは、電子のエネルギー準位を刺激することによる光の強い、単色、コヒーレントビームを生成する装置である。

レーザークラス:レーザーの安全性を規制するために、デバイス&放射線保健(CDRH)のためのセンターは、波長と出力電力に基づいて、異なるカテゴリにレーザーを分類します。

クラスII:1.0 mWの未満可視レーザー光。
クラスIIIaの:最高5.0 mWで、1.0 mWのから可視光レーザ光。

レーザダイオードモジュール:すべての回路、レーザダイオード、および保護ハウジング内にパッケージ化された光学素子を含む完全なレーザーアセンブリ。動作に必要なのは、適切な外部電源である。

ミリアン​​ペア(mA)を:アンペアの1千分のに等しい電流の単位。

ミリラジアン(mrad以下):ラジアン(1ラジアン= 57.295度)の千分の一に等しい角度の測定単位。

ミリワット(mW)と:ワット1000分の1に相当する電力の単位。

メートル(nm):10億分の1メートルに相当する長さの単位。

動作電圧:レーザを動作させるために必要な、指定された入力電圧範囲。レーザの動作電圧はボルト(V)で測定される。

動作電流:レーザーを動作させるために必要な指定された電流の範囲を。レーザの動作電流はmA(ミリアンペア)で測定される。

出力電力:レーザーから発せられた秒当たりのエネルギー。レーザー出力は、連続波レーザ動作のためにワット(W)ま​​たはミリワッ​​ト(mW)とで測定される。

半導体:電気の流れを制御することができるような物質。

可視光:人間の目に見える電磁放射。可視光スペクトルは400〜700nmの間の波長の範囲を包含する。緑色のライトは520まで565NMのスペクトル範囲である。赤い光は625から700nmのまでです。

ボルト(V):起電力又は電位差の基本単位。

波長:振動の一周期の間に電磁波のピーク·トゥ·ピークから測定された移動距離。光の波長は、ナノメートル(nm)で測定される。典型的な赤色レーザーの波長は(明るい)650nmの(明るい)または635nmのいずれかになります。緑色レーザーの典型的な波長は、532nmの(明るい)です。

 Posted by at 09:50

Sorry, the comment form is closed at this time.