Jul 052013
 

ソニーは、530nmのバンド発振波長と連続発振で100mWの以上の光出力を持っている緑色のレーザーダイオードを試作。

オスラムオプトセミコンダクターは、27%の効率でTO-56パッケージで1.4W450nmの青色レーザーダイオードをリリースしました。レーザは、ハイエンドプロジェクター用コンパクト、明るい光源ならびに医療および装飾的な照明用途に設計されている。

ハイパワーモノリシックスタックのCVNシリーズは、パルスレーザダイオードは、-40℃から+85まで、極端な環境条件で安定した動作を提供しています℃で905 nmでの典型的なピーク波長で、895から915程度で動作し、彼らは、375 Wのピーク電力を提供し、単独と積み重ね両方来る。ファイバ結合デバイスが動作しているW.188まで

 Posted by at 05:56

Sorry, the comment form is closed at this time.